軽度精神発達遅滞、うつ病、強迫性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名:軽度精神発達遅滞 うつ病 強迫性障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

娘の相談でご本人のお母さまから電話で問い合わせがありました。小さい頃から情緒不安定な子だったが、高校卒業した頃から、夜中に何度も手を洗ったり、トイレから出てこないなどの確認行為が頻繁に起きるようになったため、精神科を受診したところ、強迫性障害と診断されたとのことでした。またセカンドオピニオンで他の病院を受診したところ、検査を受け、軽度の知的障害も指摘されたようです。以前は仕事をしていたようですが、現在は抑うつ状態が強く無職とのことでした。このような状態でも障害年金を受診できるか知りたいとのことでしたので、初診日、年金納付要件、認定基準などのお話をしたところ、「うちの子は難しいかな」とのことで、お話は終わりました。その後も何度か問い合わせをいただき、主治医から診断書記載の承諾をいただいたとのことで、当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日が国民年金加入中でしたので障害基礎年金の請求になりました。認定日時点では通院がなかったため、事後重症での請求になりました。診断書を依頼する際には日常生活や就労状況が細かく反映するよう書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間78万円の受給になりました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、当初強迫性障害とのことでしたので、障害年金の受給は難しいとのお話をさせていただきました。その後ご本人と主治医の話し合いの中で、軽度知的障害やうつ病も併発しているとのことでしたので請求サポートすることになりました。ヒアリングの中で幼少期の頃から確かに知的障害のエピソードが多々あったので、病歴就労状況等申立書に詳細に記入しました。知的障害が根底になり、その二次障害でうつ病や強迫性障害を併発している状態でした。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2022.07.25
    発達障害・知的障害
    自閉スペクトラム症 注意欠如・多動症による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  2. 2022.07.11
    うつ病
    うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間77万円の受給事例
  3. 2022.06.25
    うつ病
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間110万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP