筋萎縮性側索硬化症による認定日請求で障害厚生年金1級。年間200万円の受給事例

年齢:男性(50代)/ 無職

傷病名: 筋萎縮性側索硬化症 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級

支給月から更新月までの支給額:約200万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。3年ほど前に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、現在は車椅子での移動しかできず、仕事も退職予定とのことでした。以前ご自身で年金事務所に相談に行ったのですが、体調も悪く手続きが進められなかったため、サポートをお願いしたいとのことでした。来所が難しく、これから検査入院とのことだったので、病院で面談を行うことになりました。主治医が診断書を記載いただけるとのことでしたので、サポートを行うことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

外出が困難だったため、こちらの方で「受診状況等証明書」を依頼しました。病院に診断書作を依頼する際は、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」はご本人から日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金1級、年間200万円の受給になりました(認定日受給)。

 

 

 

ポイント

今回は認定日の頃と現在通院している病院が同じで、お話しを伺ったところ認定日の頃も障害状態に該当していたと判断し、認定日請求を行いました。肢体の機能障害では、関節可動域、筋力、日常生活動作などが重要になります。記載いただいた診断書の内容が実際の状態と相違があるかどうか、必ず確認しましょう。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.07.31
    うつ病・気分変調症
    反復性うつ病による額改定請求で障害厚生年金2級。年間159万円の受給事例
  2. 2021.07.30
    てんかん
    器質性精神障害 症候性てんかんによる事後重症請求で障害厚生年金2級。年間110万円の受給事例
  3. 2021.07.29
    うつ病・気分変調症
    気分障害 境界知能 適応障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP