注意欠如多動性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(30代)/ 無職

傷病名: 注意欠如多動性障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。幼少期から多動で両親にいつも注意を受けており、小学校に入学してからも変わらず、勉強も苦手だったとのことでした。他人とのコミュニケーションが苦手で対人緊張も強く、高校生の頃には軽度知的障害と診断されました。高校卒業後はいくつかの会社で働くも長くは続かず、いつも悩んでいたようです。最近になり発達障害と診断され、現在は就労されていませんでした。インターネットで障害年金のことを知り、無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診の病院にカルテが残っていなかったため、2番目の病院で受診状況等証明書を取得しました。病院に診断書作を依頼する際は、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」はご本人から日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間78万円の受給になりました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は認定日の頃に病院受診がなかったため事後重症請求を行いました。注意欠如多動性障害の症状に加えて、二次障害で抑うつ状態の症状がありました。さらに計算と書くことが苦手で就労、日常生活において苦労されているとのことだったので、病歴・就労状況等申立書には日常生活の状況や困っていることなどを細かく記載しました。注意欠如多動性障害だけでは2級の受給はなかなか困難ですが、病歴就労状況等申立書などに困っていることなどをしっかり記載することが大切です。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.11.27
    発達障害・知的障害
    広汎性発達障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2021.11.20
    うつ病・気分変調症
    気分変調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2021.11.14
    発達障害・知的障害
    注意欠如多動性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP