注意欠如多動性障害、自閉症スペクトラム障害、うつ病による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例

年齢:女性(30代)/ 無職

傷病名:注意欠如多動性障害、自閉症スペクトラム障害、うつ病

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級(事後2級)

受給額:約58万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

ご本人からメールでお問い合わせいただきました。3年程前に一度無料相談にご来所いただきましたが、初診日から1年半経過していなかったため、障害年金の概要を説明して終了しました。その後、障害年金を申請することなく別の会社に転職したようですが、周りとうまくコミュニケーションが上手く取れず、さらにパワハラを受けるようになったようです。現在は休職中で、復職は難しいので障害年金を申請したいとのことで再度ご来所いただきました。ひとりでの手続きは自信がないということで、サポートをご希望され手続きを進めることになりました。

 

 

当センターによるサポート内容

初診から現在まで同じ病院に通院していたため、すぐに診断書を依頼することになりました。診断書の依頼の際に、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は日常生活、病状や困っていることなどを聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金3級、年間約58万円を受給されました(認定日受給)。

事後重症は2級に改定されました。

 

 

 

ポイント

今回は初診から現在までずっと同じ病院だったため、認定日請求を行いました。認定日の頃は就労していましたが、転職したばかりで不安定な精神状態だったため、その状況を診断書に細かく記載いただきました。請求時は無職で症状も悪化していたため、認定日の診断書より悪い診断内容でした。そのため「額改定請求書」も合わせて請求しました。「病歴・就労状況等申立書」には診断書に記載されていなかった、日常生活状況や症状などを申立てました。結果、認定日3級でしたが、請求時(現在)は2級に認定されました。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2024.06.16
    慢性腎不全
    慢性腎不全による認定日請求で障害厚生年金2級。年間240万円の受給事例
  2. 2024.06.02
    双極性障害
    双極性障害、注意欠如障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間142万円の受給事例
  3. 2024.05.26
    うつ病
    うつ病、広汎性発達障害による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP