気分障害 境界知能 適応障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名: 気分障害 境界知能 適応障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給額:約78万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

ご本人のお母さまより電話で問い合わせがありました。保育園の頃から、他人とのコミュニケーションが取れず、多動で落ち着きがなかったため、先生より幼児相談室に通うことを勧められたとのことでした。小学校、中学校は、勉強について行けず、特別学級に通い、高校は特別支援学校に通いました。高校在学中に精神科受診がありましたが、主治医からは知的障害との診断はいただけなかったようで、療育手帳の取得ができなかったとのことでした。現在は、B型作業所に通所しているとのことでしたが、こういう状況でも障害年金の請求ができるかどうか知りたいということで、お母様とご本人に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

詳細をお聞きしたところ、高校生のときの初診病院は廃院のため、受診状況等証明書の取得はできませんでしたが、現在通院している病院に紹介状が残っていたため、証明することができました。また現在の病院は、20歳の頃も通院していたので、認定日の診断書と現在の診断書の2枚を記入していただき認定日請求を行いました。病院に診断書の作成を依頼する際には、日常生活状況や現在の病状が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は、出生から現在までが必要だったため、お母様とご本人から細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間78万円の受給になりました(認定日受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、結果的には、認定日からの遡及受給ができましたが、診断書のチェック箇所や、傷病名が微妙だったため、年金証書が届くまで、どうなるかわからない事案でした。審査も確認照会を行ったのかどうか定かではありませんが、決定まで半年以上かかりました。あまり期待しない方が良いかも知れませんとお母様にはお伝えしていたので、決定後は感謝の言葉をいただきました。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.09.07
    その他
    パーキンソン病による額改定請求で障害厚生年金2級。年間154万円の受給事例
  2. 2021.08.31
    発達障害・知的障害
    注意欠如多動性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2021.08.23
    発達障害・知的障害
    自閉症スペクトラム障害、注意欠如多動性障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間140万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP