壊死性筋膜炎(左大腿切断)による事後重症請求で障害厚生年金1級(併合認定)。年間151万円の受給事例

年齢:男性(50代)/ 無職

傷病名: 壊死性筋膜炎(左太腿切断)

決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級

支給月から更新月までの総支給額:約151万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

以前当センターで変形性股関節症(両足人工股関節)で障害厚生年金3級を受給された方からメールで問い合わせがありました。その後別の傷病(両下肢の難治性潰瘍)で通院を続けていたが、半年ほど前から悪化し、ついには左太腿から切断したとのことでした。ご本人は手術後の経過が思わしくなく、現在も入院治療を受けていたため、入院している病院に伺い詳細を聞くことになりました。過去の変形性股関節症との因果関係を主治医に確認したところ、因果関係がないということだったため、新たに請求をすることになり、サポートすることになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診の病院と切断手術を行った病院は同じでしたが、現在はリハビリ病院にて入院していたため、現症日の診断書は、リハビリ病院で記載いただくことになりました。本人は独身で、入院中ということもあり、初診日証明(受診状況等証明書)はこちらで取得しました。診断書の依頼時には、ケースワーカーさんとも打ち合わせを行いました。「病歴・就労状況等申立書」は本人から発病からの経緯や日常生活・就労状況などを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金1級、年間151万円を受給されました(併合認定され事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、障害厚生年金3級の受給者に新たな傷病で障害状態になり、併合認定された事案でした。一下肢の足関節以上の切断は、障害等級2級に該当するので、障害厚生年金3級と障害厚生年金2級が併合認定され、今回障害厚生年金1級になりました。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.03.15
    身体障害
    ジストニアによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間130万円の受給事例
  2. 2021.03.13
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2021.03.05
    身体障害
    右大腿骨頭壊死による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP