双極性感情障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名: 双極性感情障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日受給

 

相談者の状況

障害者支援団体からの紹介でした。大学院生として大学に在籍していたが、現在は病状悪化から退学し、今後について団体に相談に来ている女性がいるので、相談にのって欲しいとのことでした。無料相談会に来ていただいたところ、以前から情緒不安定で躁状態になったり、うつ状態になったりと気分変動が強かったとのことでした。現在はうつ状態が強く、意欲の低下や無気力感から希死念慮も強いようでした。障害年金の概要をお話しし、主治医に診断書記載の確認をしていただくようお伝えしました。その後診断書記載の承諾が取れたとのことでサポートすることになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

発病からの経緯を聞いたところ、認定日時点も入院をしており、障害状態に該当していると判断し、現在の病院とは違う病院でしたが、認定日請求をすることになりました。本人の病状が相当悪そうでしたので、あらかじめ本人に連絡を入れていただき、初診日の証明と認定日の診断書はこちらで依頼取得しました。診断書作を依頼する際、日常生活状況が反映されるように書類(認定日、現在)を各々添付しました。「病歴・就労状況等申立書」にはご本人から日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間78万円を受給されました(認定日からの遡及受給)。

 

 

 

ポイント

今回は初診、認定日、現在がすべて違う病院でしたが、何とか書類を揃えることができました。ご本人が事前にきちんと連絡をしていただいてくれてたからだと思います。ご本人が事前に連絡をしてくれていると、代理で依頼する際にもスムーズに依頼や受領ができます。ご本人は、幼少の頃からの家庭環境で、精神的に苦しんでおり、若くして障害年金を受給することになりましたが、今後は障害を克服してもらいたいと願うばかりです。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.04.21
    発達障害・知的障害
    ダウン症候群による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2021.04.16
    身体障害
    関節リウマチによる事後重症請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  3. 2021.03.15
    身体障害
    ジストニアによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間130万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP