双極性感情障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間77万円の受給事例

年齢:女性(30代)/ 無職

傷病名:双極性感情障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給額:約77万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

以前当センターでサポートした方からの紹介でした。最初にお会いしたときは、会社を休職中で復職を目指しているとのことでしたので、障害年金制度の概要と請求方法等をお話をし、それで終わりました。その後2年近くたってから、再びご連絡をいただきました。復職を目指していたようですが、結局復職できず、会社も退職されたとのことでした。現在も症状が重くて、就労ができないとのことでしたので、再度ご来所いただき、サポートをすることになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日は大学生の頃にありましたが、その病院はすでに閉院していました。2件目の病院で受診状況等証明書を取得しましたが、紹介状に初診と思われる病院の前に別の病院に通院していた旨の記載がありました。さらに初診日を証明するため、初診の病院で記載いただいた精神福祉手帳の診断書も取り寄せましたが、やはりその前に受診した病院の記載がありました。その病院にはすでにカルテはなかったため、精神福祉手帳の診断書と紹介状を証拠書類として、初診日証明としました。現在通院している病院に診断書を依頼する際には、日常生活状況や病状がわかる書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は日常生活状況、病状や困っていることなどを聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間77万円の受給になりました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、初診日の特定に苦労をしました。初診日と思われた病院が閉院していたり、当時情緒不安定で自宅ではない施設で生活していたりと記憶が錯綜していました。精神福祉手帳の診断書を取り寄せたり、紹介状を探してもらったりして何とか初診日を証明することができました。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2024.05.12
    発達障害・知的障害
    注意欠如多動性障害、自閉症スペクトラム障害、うつ病による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  2. 2024.05.05
    発達障害・知的障害
    活動性および注意の障害による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  3. 2024.04.07
    慢性腎不全
    慢性腎不全による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間136万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP