双極性感情障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(20代)/ 無職

傷病名: 双極性感情障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。幼少の頃から多動で注意力がなく、小学校に入学してもこだわりの強い性格から友達ができず、中学校では登校拒否になったようです。高校に入学してもすぐに登校拒否になり、心配した両親と一緒に精神科を受診したようですが、継続的な通院はなかったようです。その後オーディションに合格し、東京に上京するも抑うつ感や意欲の低下から仕事ができず、情緒不安定な状態から精神科を受診するも症状の改善がないとのことでした。障害年金のことをインターネットで知り、自分の状態でも障害年金が請求できるか知りたいとのことで、当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

ヒアリングの中で受給可能な状態と判断しましたが、主治医にまだ障害年金の診断書の承諾を取っていないということでしたので、確認してからサポートする旨のお話しました。後日主治医に承諾が取れたとの連絡があったのでサポートを開始しました。初診日は大阪の高校の時だったのでこちらで病院に連絡をし、受診状況等証明書を取得しました。病院に診断書作を依頼する際には日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。診断書に発達障害の記載があったため、「病歴・就労状況等申立書」は出生から現在までの状況を本人から細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間78万円の受給になりました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、ご本人が請求する前に生活するのが困難になり、大阪の実家に戻ってしまったため、書類のやり取りや連絡に苦労しました。結果請求するのに時間がかかってしましましたが、受給が決まって良かったです。登校拒否が長期間ある場合、根底には発達障害の症状がある場合が多いので、うつ病等で通院されている方も検査を受けてみてつことをお勧めします。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2022.07.25
    発達障害・知的障害
    自閉スペクトラム症 注意欠如・多動症による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  2. 2022.07.11
    うつ病
    うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間77万円の受給事例
  3. 2022.06.25
    うつ病
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間110万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP