双極性感情障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(40代)/ 無職

傷病名:双極性感情障害  

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症受給

 

相談者の状況

ご主人から電話で問い合わせがありました。妻が10年以上前に病気を発症し、それ以降就労はおろか、日常生活もきちんとできない状態がずっと続いているとのことでした。自分でいろいろ調べたところ、障害年金というものを知り、自分で請求しようと思い、年金事務所で話を聞き、自身で初診の病院に問い合わせたところカルテが残っておらず、今後どのように進めたらよいかわからず途方にくれているとのことでした。とりあえずご主人に無料相談会に来ていただき、その後の流れを説明させていただきました。しばらくたってから再度ご連絡いただき、手続きが複雑で時間も取れないということでサポートを希望され、一緒に手続きを進めることになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診が10年以上前だったため、初診の病院にカルテは残っていませんでしたが、レセコンに記録が残っており、初診日と終診日がわかったため、わかる範囲で受診状況等証明書を記載していただきました。不完全な証明書だったため、次に受診した病院からも受診状況等証明書を記載していただきました。障害認定日は初診の病院と同じだったためカルテがなく、事後重症での請求になりました。病院に診断書作成を依頼する際に、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は聞き取りを行い、日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間78万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は初診の病院にカルテが残っていませんでしたが、レセコンの残データで初診と終診の日付だけはわかるとのことだったため、わかる範囲で受診状況等証明書を記載していただきました。病歴が長いと以前通院した病院にカルテが残っていないケースがありますが、今回のようにレセコンの残データやアンケートの控え等で日付がわかることもあるため、何か記録や受付簿等がないか確認することが必要です。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2020.10.06
    うつ病・気分変調症
    うつ病 双極性障害 注意欠陥多動症による認定日請求で障害厚生年金2級。年間108万円の受給事例
  2. 2020.10.01
    がん
    乳癌 転移性脊椎腫瘍による認定日請求で障害厚生年金1級。年間196万円の受給事例
  3. 2020.09.14
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP