双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間167万円の受給事例

年齢:女性(40代)/ 無職

傷病名:双極性感情障害 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

受給額:約167万円/年額 事後重症請求(子の加算あり)

 

相談者の状況

ご本人のご主人から電話で問い合わせがありました。8年前くらい前から妻の行動がおかしくなり、軽躁状態で朝帰りして会社に行っていたかと思うと、うつ状態になり会社に行けなくなり、精神科を受診するというサイクルを繰り返しているということでした。1年前から症状は悪化し、躁状態で朝帰りや外泊が多くなり、浪費も歯止めがかからなかったので医療保護入院したようです。退院後は、躁状態はおさまったが、うつ状態が続いており、仕事も辞め、自室で引きこもっており、日常生活全般で家族の援助が必要な状態でした。障害年金のサポートをお願いしたいとのことでご主人に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

現在通院している病院が、初診の病院から4つ目ということで初診証明の取得が必要でした。初診も6年前でしたのでカルテが残っており、初診の病院から受診状況等証明書の取得ができました。認定日請求も考えましたが、軽躁状態の時は通院していなくて、しかも就労できていたので難しいということで、ご主人と話し合って事後重症請求にしました。現在通院している病院に診断書を依頼する際には、日常生活状況や病状が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は日常生活状況や病状、就労状況や困っていることなどをご主人から聞き出し細かく記載作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級、年間167万円の受給になりました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は典型的な双極性障害の病状のある方の請求でした。お子様も二人おられてご主人も何かと大変だったと思いますが、自ら初診日証明を依頼していただいたり、問い合わせメールのレスポンスが早かったりと、請求サポートをする上で大変助かりました。あらためてご家族のサポートの大切さを感じました。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2022.04.10
    発達障害・知的障害
    注意欠如多動障害による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  2. 2022.03.30
    慢性腎不全
    慢性腎不全による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間121万円の受給事例
  3. 2022.03.28
    双極性障害
    双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間167万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP