双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間130万円の受給事例

年齢:男性(40代)/ 無職

傷病名:双極性感情障害 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約130万円/年額 事後重症受給

 

相談者の状況

ご本人からお電話で問い合わせがありました。初診は10年以上前でしたが、以降も通院しながら就労を続けていました。その後症状悪化から3年前に退職し、現在は就労移行支援事業所にも通所していましたが、通所自体も難しい状況が続いているようでした。将来のために障害年金の請求を考えているので、詳しい内容を教えて欲しいとのことで、当センターの無料相談会に来ていただき、申請方法や診断書の内容等を説明させていただきました。初診が10年以上前になるのでご本人に初診の病院に確認いただき、こちらで年金納付の確認を行いました。初診の病院にカルテも残っていて、年金納付も問題はなかったため、サポートさせていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日の証明書はご本人に取得いただきました。病院に診断書作成を依頼する際に、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は聞き取りを行い、日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級取得、年間130万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は認定日の時は症状も安定していて就労もできていたため、事後重症請求になりました。精神障害での請求の場合、初診日がいつかということですが、病名が確定した日を初診日と思っている方がいらっしゃいます。初診日は、診断を受けた日ではなく、症状が現れて初めて病院を受診した日が初診日になります。よって初診の証明書の傷病名が現在の病名ではなく、「不眠症」「抑うつ状態」「不安障害」と記載されるケースも多いです。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.01.11
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2021.01.08
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間133万円の受給事例
  3. 2020.12.23
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    もやもや病による脳出血の認定日請求で障害基礎年金1級。年間97万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP