ダウン症候群による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名: ダウン症候群 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

知り合いの障害支援員の方からの紹介で、ご本人のお父様よりメールで連絡をいただきました。数か月後に娘が20歳になるので障害年金の請求を考えているとのことでした。病名はダウン症候群ということで、療育手帳の3度を取得しているが、ダウン症という診断名は知的障害と違うので、受給は難しいのではないかという問い合わせでした。詳細をお聞きするため、ご本人の両親に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

療育手帳を取得していたため、初診の証明は必要ありませんでした。通院していた病院は10年以上通われていたようですが、定期的に通院していたわけではないということでしたので、診断書の作成を依頼する際は、日常生活状況やできることできないことなど書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」はご両親から生まれてから現在までの就学状況や日常生活、困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間78万円の受給になりました(認定日受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、診断書を作成する前に病歴就労状況等申立書も見せて欲しいと主治医に言われていたため、申立書の作成から取り掛かりました。あいにくお父様が下書きをしていた文章があったため、それを参考に作成しました。療育手帳を所持していても、そのすべての方が障害年金を受給できるとは限りません。診断書や病歴就労状況等申立書に日常生活状況やできること、できないことをきちんとわかるように記載することが大事になります。今回はご両親が娘のことをしっかり理解し的確な請求ができました。やはりご家族のサポートあってはこそになります。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.06.02
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間105万円の受給事例
  2. 2021.05.16
    統合失調症
    統合失調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2021.05.15
    身体障害
    末梢神経障害による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP