もやもや病による脳出血の認定日請求で障害基礎年金1級。年間97万円の受給事例

年齢:女性(60代)/ 主婦

傷病名: もやもや病による脳出血

決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

支給月から更新月までの総支給額:約97万円/年額 認定日受給

 

相談者の状況

知り合いの保険会社の営業の方からのご紹介でした。お客様の奥様が脳出血で倒れられ、現在は介護施設に入院中とのことで障害年金の相談に乗って欲しいとの依頼でした。住所が遠方でご主人様が高齢ということもあり、依頼者の自宅近くの喫茶店で面談を行いました。現在の状況は、まだ入院中で障害者手帳も1級を取得しており、右半身に麻痺が残っており、病院内の移動も常時車椅子で行っているということでした。認定要件に該当していると判断し、サポートすることになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

救急搬送された大学病院と現在入院している施設が違っていたため、大学病院で初診証明を取得しました。脳出血により肢体障害で障害者手帳も取得していたため、初診日から6か月後の症状固定の認定日請求を行う予定でしたが、大学病院のあとに入院したリハビリ病院の主治医から症状固定はしていないので診断書が書けないと記載を拒否されました。現在は介護老人保健施設に入院していたため、その施設にご主人とともに同行し、施設員に診てもらっている医師に記載してもらうようお願いしました。当初は難色を示していましたが何とか診断書を記載いただけることにありました。診断書依頼時はご主人から聞いた病状の状況がきちんと反映されるよう書類を添付しました。また病歴就労状況等申立書は、日常生活状況や病状を細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金1級、年間97万円を受給されました(特例の認定日受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、請求者のご住所が遠方だったため、移動時間が大変でした。また初診証明(受診状況等証明書)の取得までは順調でしたが、診断書記載依頼に相当手間取りました。こちらの認識では、障害者手帳を取得していたので、症状が固定していると判断し、リハビリ病院の医師に診断書の依頼をしましたが、記載いただけませんでした。仕方なく介護老人保健施設の医師にお願いし記載いただけましたが、障害者手帳の診断書を記載するということは症状が固定しているのではないかと考えていたため納得がいきませんでした。そのため認定日の時期が数ヵ月遅れてしまいました。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.03.02
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金2級。年間103万円の受給事例
  2. 2021.02.28
    腎疾患・肝疾患
    糖尿病(人工透析)による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2021.02.18
    身体障害
    壊死性筋膜炎(左大腿切断)による事後重症請求で障害厚生年金1級(併合認定)。年間151万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP