うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(20代)/ 無職

傷病名: うつ病 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

以前当センターで依頼のあった方から仕事仲間の後輩の件で相談がありました。中学校の頃より意欲の低下や抑うつ気分になることがあったようですが、病院等は受診しておらず、その後大学受験に失敗した頃から症状が悪化し、精神科を受診したとのことでした。今まで一度も就職をしたことがなく、体調が良い時だけ短期のアルバイトをしていたようです。一度一人暮らしをしたことがありましたが、現在は病状悪化から実家に戻り、両親から援助を受けていました。主治医より診断書記載の承諾が必要とお話し、後日大丈夫ということで、紹介者と本人に当センターの無料相談会に来ていただき、サポートをすることになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診の病院と認定日の病院が同じだったため、初診の病院に確認し、認定日頃の診断書を記載していただきました。その後現在の病院で現在の診断書を取得しました。診断書依頼の際には、日常生活状況がわかるように書類を添付しました。途中、ご本人の体調が悪化したため、お父さんにご来所いただき、サポートを続けました。「病歴・就労状況等申立書」にはお父様とご本人から日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。診断書の病名はうつ病でしたが、診断書の発達関連症状にもチェックがあったため、「病歴・就労状況等申立書」は出生から記載しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間78万円を受給されました。

 

 

 

ポイント

今回は、認定日時点の診断書の記載を前の病院に依頼したり、また診断書に不備があり修正追記など請求までに時間がかかってしまいました。サポートもご本人に丁寧に説明していきましたが、体調が悪いこともあり、途中お父様とやり取りもしました。請求後の審査段階で照会も入り、受給にも時間がかかりました。結果、認定日から受給できて良かったです。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.03.15
    身体障害
    ジストニアによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間130万円の受給事例
  2. 2021.03.13
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2021.03.05
    身体障害
    右大腿骨頭壊死による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP