うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間105万円の受給事例

年齢:女性(30代)/ 無職

傷病名: うつ病 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約105万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人の前夫より電話で問い合わせがありました。前妻が出産後体調を崩し、抑うつ気分や意欲の低下から家事や子育てができなくなり、病院にも行かず引きこもりの状態が数年間ほど続いたようです。その後体調の良いときに短期間の派遣社員で勤務するもやはり体調悪化から長くは勤務できないようでした。友人の勧めで3年ほど前に精神科を受診するも体調は改善せず、一時は入院治療も行っていたようです。将来的には就労が難しいので、障害年金の請求ができるかどうか知りたいということで当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

ご本人が外出が困難だったため、前夫に制度の詳細をお話しました。お話の中で初診日の日付等が不明だったため、ご本人に確認し、初診日証明(受診状況等証明書)を取得するようお願いしました。その後数カ月ほど経って、受診状況等証明書が取得できたとの連絡があり、こちらで年金事務所に納付履歴の確認を行いました。納付履歴は満たしていたのであらためて請求のサポートすることになりました。ご本人は外出が困難でしたが、ご自宅の近くの喫茶店まで出てきていただき、前夫を含めヒアリング等を行いました。初診から病状はあまり変わらないようでしたが、認定日時点では通院がなかったため、事後重症請求になりました。病院に診断書の作成を依頼する際、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」にはご本人から日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級、年間105万円の受給になりました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回はご本人の病状がとても重く、電話にも出れないほどの重症者でした。請求までに時間がかかってしまいましたが、前夫の方が間に入っていただき何とか請求することができました。このように障害年金請求にはやはり周りの方のサポートがとても大事になります。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.07.31
    うつ病・気分変調症
    反復性うつ病による額改定請求で障害厚生年金2級。年間159万円の受給事例
  2. 2021.07.30
    てんかん
    器質性精神障害 症候性てんかんによる事後重症請求で障害厚生年金2級。年間110万円の受給事例
  3. 2021.07.29
    うつ病・気分変調症
    気分障害 境界知能 適応障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP