うつ病 双極性障害 注意欠陥多動症による認定日請求で障害厚生年金2級。年間108万円の受給事例

年齢:女性(30代)/ 無職

傷病名:うつ病 双極性感情障害 注意欠陥多動症 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約108万円/年額 事後重症受給

 

相談者の状況

ご本人からメールで問い合わせがありました。現在は症状悪化から休職中しており、今までも就職しても数週間程度で症状が悪化し、欠勤や早退、休職することが多く、どの会社も長く続かず、短期間で入退社を繰り返していたようです。今回も復職しても続けられるかわからないので、障害年金の請求を考えているとのことでした。当センターの無料相談会に来ていただき、請求の仕方や流れ、診断書の内容等を説明させていただきました。当初はご自分で手続きされるようなお話でしたが、再度ご連絡をいただき、内容が複雑でひとりでの手続きは難しいとのことでサポートさせていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診の病院で受診状況等証明書(初診日証明書)を取得しました。取得後、認定日時点も初診のその病院を受診していたことが判明し(終診日の記憶が曖昧だったため)、二度手間になりましたが、後日認定日の診断書も記載していただきました。病院に診断書作成を依頼する際には、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」は聞き取りを行い、日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級取得、年間108万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、認定日請求は認められず、事後重症での認定になりました。精神の傷病の場合、「就労しているかどうか」は認定の大きなポイントになります。認定日以降もいくつかの会社で就労されていたため、障害状態には該当していなかったという判断のようです。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.01.11
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2021.01.08
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間133万円の受給事例
  3. 2020.12.23
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    もやもや病による脳出血の認定日請求で障害基礎年金1級。年間97万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP