当事務所に依頼するメリット

1.ノウハウがないために障害年金が「もらえない」「本来もらえる金額より少なくなる」といったことがなくなります!

2.複雑な障害年金の手続きを「着手金0」「受給が決定した場合の報酬」でサポートします!

3.あなたの立場に立ち、きめ細かく対応いたします!

 

1.ノウハウがないために障害年金が「もらえない」「本来もらえる金額より少なくなる」といったことがなくなります!

障害年金の審査は「書類のみ」で判断されるものです。当然、病状の重さが伝わるような表現で書かなければなりませんし、審査がしやすいような(審査官)に伝わるような書き方をしなければなりません。申請書の記入の仕方1つで障害年金が「もらえない」「本来もらえる金額より少なくなる」といったことがよくあります。

当センターは、障害年金を専門として、活動を行っており、数十件の成功経験があるため、そのノウハウを熟知しております。

 

2.複雑な障害年金の手続きを「着手金0」「受給が決定した場合の報酬」でサポートします!

障害をお持ちの方の多くは決まった仕事がないために収入が少ない方が非常に多いものです。障害年金をよい高い等級で認定されるためには、ある程度のノウハウが必要です。しかし、そのノウハウを得ようと専門家に依頼すると当然ながら、お金がかかります。社労士事務所の多くは、報酬の前払いとして、着手金をとっているところが多いようです。

私どもは、そうした事情を踏まえ「着手金0」「受給が決定した場合の報酬」(障害年金の受給が決定し、口座にお金が入った方から報酬を頂くようにしています。障害年金が受給できなかった方からは報酬を頂きません)

できるだけ、障害年金をもらえる条件を備えている方がもらえていないという現状を変えたいという想いから当センターにご依頼を頂く分にはリスク0となる形をとっております。

 

3.あなたの立場に立ち、きめ細かく対応いたします!

障害年金の申請は100人100通りです。私たちはあなたの状況に合わせて、きめ細かいサポートをさせて頂きます。

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.05.24
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金2級受給。年間122万円の受給事例
  2. 2017.05.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.05.22
    身体障害
    右変形性股間節症による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間80万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP