障害者手帳の種類

障害者手帳には、障害に応じた3種類の手帳があります。これらの手帳を取得することにより、公共福祉サービスを受けることができます。

また認定につきましては、医師の診断や専門家の審査・判定等により障害者手帳の交付が決定されます。

身体障害者手帳

視覚・聴覚障害、肢体不自由、内部障害、免疫機能障害など本来人間が持っている機能が損なわれ、日常生活に支障が生じている方が対象

療育手帳

生後から18歳未満の間に知的障害(知能指数がおおむね70~75以下)の知的障害者が現れ、日常生活に支障が生じている方が対象
*基準は都道府県によって違いがある

精神障害者保健福祉手帳

「精神障害のため、長期にわたり日常生活または社会への制約があり、障害者年金を受けている方または精神障害のため6ヶ月以上の通院している方が交付対象、また、自立支援医療費の申請(医療費自己負担3割が1割に軽減される)を同時に行うことができます。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.10.20
    身体障害
    両側大腿骨頭壊死に伴う両側重度変形性股関節症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年額78万円の受給事例
  2. 2017.10.13
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    くも膜下出血による認定日請求で障害基礎年金1級。年間119万円の受給事例
  3. 2017.10.02
    その他・難病
    線維筋痛症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP