「申請」の注意点

障害年金の申請では、「初診日」にどの年金制度に加入中であったか、を注意しなければなりません。また、初診日に年金制度に未加入であると、そもそも申請そのものができません。

さらに初診日に加入していた年金制度により、受給できる障害年金の種類も変わってきます。

初診日が国民年金加入中にあった場合は、障害等級が1級または2級に該当しないと受給できません(障害基礎年金)。

それに対して厚生年金加入中であった場合は、1級、2級、3級に該当すれば受給できます(障害厚生年金)。また障害手当金に該当する場合もあります。よって、国民年金加入中よりも受給できる可能性が広がります。

また申請については、障害認定日を初診日から「1年6ヶ月時点」にして申請した場合、年金をさかのぼって受給することができます。(最大5年前までさかのぼれます)

それに対して「事後重症」で申請した場合は、申請したときが認定日となり、そこから将来に向かってのみの年金受給になります。「1年6ヶ月時点申請」とは異なり、さかのぼって年金を受給することができなくなるため、そのぶん受給額が少なくなります。

このように「申請の仕方」ひとつで、受給できる障害年金の種類や金額が変わってきます。

 

障害年金の基礎知識リンク集

●障害年金とは ●障害年金の種類
●障害年金でもらえる金額 ●障害年金をもらうための条件
●障害年金の対象となる傷病 ●障害年金の「申請」に必要な書類
●障害年金の受給決定の流れ ●障害年金をもらうためのポイント
●「申請」の注意点 ●障害年金請求の流れ
●障害年金の問題点 ●特別障害者手当とは
障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.09.19
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間76万円の受給事例
  2. 2017.09.01
    がん
    膀胱癌による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間96万円の受給事例
  3. 2017.08.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病 広汎性発達障害(自閉症)による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP