障害年金をもらうためのポイント

障害年金の受給は、単に障害があることを証明するだけで認められるものではなく、様々な細かな確認が必要になってきます。 まず、受給するためには「障害認定」を得ることが必要であり、その認定を得るために必要となるものが「診断書」です。

この診断書の記入の仕方は障害認定において大変重要になります。医師とよく話し合い、確実な記入をしてもらわなければなりません。

また、ここでよく問題になるのが、初診日が特定できない場合や、初診日がかなり過去である場合です。この場合、手続きにかなり手間取ってしまい、場合によっては申請の途中で諦めてしまう方も数多くいます。これは、非常にもったいない話です。そうならないように一度専門家にご相談するといいでしょう。

当事務所では、診断書内容のチェックだけではなく、医師にお願いする際の注意点のアドバイスなども行っております。無料相談も随時実施しております。お気軽にご相談下さい。

 

障害年金の基礎知識リンク集

●障害年金とは ●障害年金の種類
●障害年金でもらえる金額 ●障害年金をもらうための条件
●障害年金の対象となる傷病 ●障害年金の「申請」に必要な書類
●障害年金の受給決定の流れ ●障害年金をもらうためのポイント
●「申請」の注意点 ●障害年金請求の流れ
●障害年金の問題点 ●特別障害者手当とは
障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.07.13
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間192万円の受給事例
  2. 2017.07.03
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害、注意欠陥多動性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.06.30
    がん
    S状結腸癌術後、多発肺転移および腹腔内再発により認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP