重度精神遅滞、自閉症で障害基礎年金1級。年間約96万円の受給事例。

年齢:男性(20代)/無職

傷病名:重度精神遅滞、自閉症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級

年金額:約96万円/(年額)、審査請求

相談前の状況

ご本人のお母様から電話で問い合わせがありました。ご自身で請求して2級が決定しているが、障害の状態と診断書の内容からみると1級相当だと思うので、結果に納得がいかず審査請求を考えているとのことでした。詳しいお話しを聞くために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

 申請書類のコピーを持参いただき確認し、お母様から日常生活状況を詳しく聞いたところ1級相当の状態でした。審査請求するにあたり、審査請求の趣旨及び理由に、出生から現在までの日常生活状況、また現在の生活を詳しく記載して、1級相当と主張し請求しました。結果1級に変更となりました。

結果

障害基礎年金1級取得、年間約96万円を受給されました(認定日/審査請求)

ポイント

審査請求で原処分を覆すのは大変です。今回は診断書は1級相当の内容でしたが、福祉施設に通所していたため2級相当と判断されていました。審査請求ではなぜ不支給になったか、なぜ下位等級に認定されたかなどの理由を見つけ出すことが大切になります。

 

 


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.05.24
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金2級受給。年間122万円の受給事例
  2. 2017.05.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.05.22
    身体障害
    右変形性股間節症による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間80万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP