筋萎縮性側索硬化症(ALS)で障害厚生年金2級。年間約241万円の受給事例。

年齢男性(60代)/無職

傷病名筋萎縮性側索硬化症(ALS)

決定した年金種類と等級障害厚生年金2級

年金額約241万円/年額(配偶者の加算あり) 認定日請求

相談前の状況

保険会社向けの障害年金セミナーに参加されていた方からのご紹介でした。ご本人の奥様からの相談で、発症後は急速に症状が悪化し、現在は仕事を退職してご自宅で療養されているとのことでした。日常生活も一人ではほとんどできないので、障害年金を請求したいとのことでした。詳しいお話しを聞くため、奥様に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

お話しをお聞きしたところ病状が重く、また認定日から1年経っていなかったので認定日請求することになりました。奥様から日常生活状況を詳しく聞き出し、診断書依頼の際には日常動作申立書を添付しました。また特別支給の老齢年金(報酬比例部分)の受給も開始される年齢だったため、どちらを受給した方が良いか金額試算も細かく行いました。

結果

障害厚生年金1級取得、年間約241万円を受給されました(認定日受給)

ポイント

ご存知の通り、老齢年金と障害年金の全額を両方受給することはできません。老齢年金の受給権のある方は、どのように受給したらもっとも有利かということも合わせてアドバイスが必要です。また筋萎縮性側索硬化症(ALS)は筋肉が委縮していく神経の病気です。進行がとても速いので診断されたら早めに請求することが必要です。


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.10.20
    身体障害
    両側大腿骨頭壊死に伴う両側重度変形性股関節症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年額78万円の受給事例
  2. 2017.10.13
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    くも膜下出血による認定日請求で障害基礎年金1級。年間119万円の受給事例
  3. 2017.10.02
    その他・難病
    線維筋痛症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP