広範脊柱管狭窄症、腰椎々間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症で障害厚生年金3級。年間約89万円の受給事例。

年齢:男性(50代)/休職中

傷病名:広範脊柱管狭窄症、腰椎々間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症

決定した年金種類と等級: 障害厚生年金3級

年金額:約89万円/年額 認定日請求、事後重症請求

相談前の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。現在は肢体の不自由さから就労が難しく休職しているので、今後のことを考え障害年金を申請したいが要件に該当しているか、また請求方法を詳しく知りたいとのことでした。詳しいお話しを聞くため当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

認定日から5年以上経っていましたが、病院は変わっていなかったため認定日請求をすることができました。診断書作成依頼の際に、診断書に日常生活状況がきちんと反映されるように、認定日と現在の診断書依頼の際には書類を添付しました。審査の過程で何度か照会が入りましたが、ご本人と一緒に病院に出向き対応しました。病歴・就労等申立書は本人と連絡を取り合いながら、症状や日常状況を細かく記載しました。

結果

障害厚生年金3級取得、年間約89万円を受給されました(事後重症)

 ポイント

今回は認定日の頃に検査等をしておらず、診断書の記載が少なかったこともあり、障害状態と認められず、事後重症での認定になりました。診断書にきちんと記載がなければ認定は困難になります。診察の際に主治医に日常生活の状況なども伝えておくことが大切かもしれません。

 


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.08.08
    うつ病・気分変調症
    反復性うつ病 広汎性発達障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間187万円の受給事例
  2. 2017.08.01
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動障害 広汎性発達障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.07.26
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    脳梗塞による認定日請求で障害手当金受給。一時金で117万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP