多系統萎縮症で障害基礎年金2級。年間約77万円の受給事例

年齢: 50代男性
傷病名: 多系統萎縮症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金額:約77万円/年額  認定日請求

相談時の相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。現在就労できず障害者手帳を取得したが、症状が悪化してることもあり、今後のことを考え障害年金も請求しようと考えているので詳しい内容を知りたいとのことでした。詳しいお話しを聞くため、当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

相談から請求までの当事務所のサポート

障害認定日から1年経っておらず、認定日と現在の症状にあまり変わりがないとのことでしたので、認定日請求を行いました。担当医の方が障害年金の診断書を記載したことがないとのことでしたので、診断書依頼の際に病院に同行し説明をするとともに、診断書と一緒に日常生活がきちんと反映されるよう書類を添付しました。日常生活状況を詳しく聞き出し、診断書だけではわからない生活の不便さや症状を病歴・就労状況等申立書に細かく記載しました。

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約77万円を受給されました(認定日受給)

 

ポイント

多系統萎縮症は症状の進行が速く、発生後平均約5年で車いす、約8年で臥床状態になると言われています。歩行時のふらつきや立ちあがる動作等、日常生活に支障が出ているようなら請求を検討されるタイミングだと思います。


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.10.13
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    くも膜下出血による認定日請求で障害基礎年金1級。年間119万円の受給事例
  2. 2017.10.02
    その他・難病
    線維筋痛症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.09.19
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間76万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP