多発性硬化症で障害厚生年金3級。年間約58万円の受給事例。

年齢女性(40代)/会社員

傷病名多発性硬化症

決定した年金種類と等級障害厚生年金3級

年金額約58万円 事後重症請求

相談前の状況

ご本人より電話で問い合わせがありました。現在は働いているが以前に比べて就労にも多くの制限があり、今後のことを考えて障害年金を請求したいがよくわからないので詳しく教えてほしいとのことでした。詳しいお話しを伺うために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

認定日と現在の病院が別の病院でしたが、認定日の病院にカルテが残っていたので認定日請求をすることができました。診断書作成依頼の際に日常生活動作状況がきちんと反映されるように書類を添付しました。ご本人が入退院を繰り返していたので、病歴・就労状況のヒアリングを病院に伺って行いました。

結果

障害厚生年金3級取得、年間約58万円を受給されました(事後重症受給)

ポイント

多発性硬化症の場合、肢体の診断書を用います。今回は、就労していたこともあり、認定日では認められませんでしたが、事後重症では認められました。また診断書だけではわからない日常生活の状況は病歴・就労状況等申立書に細かく記載しました。


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.11.20
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間112万円の受給事例
  2. 2017.10.20
    身体障害
    両側大腿骨頭壊死に伴う両側重度変形性股関節症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年額78万円の受給事例
  3. 2017.10.13
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    くも膜下出血による認定日請求で障害基礎年金1級。年間119万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP