両眼視神経萎縮で障害厚生年金2級。年間約170万円の受給事例。

年齢:男性(50代)/会社員

傷病名:両眼視神経萎縮

決定した年金種類と等級: 障害厚生年金2級

年金額:約170万円・認定日請求

相談前の状況

ご本人より電話で問い合わせがありました。1年ほど前に事故に遭い、視覚障害で障害者手帳も取得されていました。障害年金を申請したいが障害状態に認定されるか、またどのように手続きしたらいいかわからないので詳しく教えてほしいとのことでした。詳しいお話しを聞くために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

現在の視力、視野を障害者手帳の診断書で確認したところ、障害認定基準をクリアしていました。初診日の証明も取得でき、年金納付要件も満たしていましたが障害認定日までまだ少し先だったので、その間に病歴・就労状況等申立書を作成し、診断書ができたと同時に請求しました。

結果

障害厚生年金2級取得、年間約170万円を受給されました(認定日受給)

ポイント

眼の障害は視力での認定基準と、日常生活での制限の程度(2級のみ)、労働が制限をうける程度(障害手当金のみ)により判断されます。視力は数字化しているのでわかりやすいですが、日常生活、労働の制限の程度は、視野やその他の障害(まぶたの欠損障害等)で判断されます。視力では基準に達していなくても、視力以外では該当するかどうか医師に確認することをお勧めします。

 


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.08.08
    うつ病・気分変調症
    反復性うつ病 広汎性発達障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間187万円の受給事例
  2. 2017.08.01
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動障害 広汎性発達障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.07.26
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    脳梗塞による認定日請求で障害手当金受給。一時金で117万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP