パーキンソン病で障害厚生年金3級。年間約64万円の受給事例。

年齢男性(40代)/会社員

傷病名パーキンソン病

決定した年金種類と等級障害厚生年金3級

年金額約64万円/年額 事後重症請求

相談前の状況

保険営業の方からの紹介でした。現在就労はしていて職場の配慮を受けながら何とか働いているが、進行性の病気なので将来のことを考え障害年金を請求できるか詳しく知りたいとのことでした。お話しを聞くために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

パーキンソン病の場合、確定診断まで時間がかかるため初診日の判断が難しくなります。ゆっくり進行する病気のため、結局初診日は数年前の受診までさかのぼることになりました。認定日の時はそれほど症状が重くなかったため、事後重症での請求になりました。診断書作成依頼の際に、日常動作状況がきちんと反映されるように書類を添付しました。病歴・就労状況等申立書には診断書ではわからない日常生活での困っていることや不便なこと、また現在の症状を細かく記載しました。

結果

障害厚生年金3級取得、年間約64万円を受給されました(事後重症受給)

ポイント

パーキンソン病の場合、まだまだ診断書は書けないという医師もおられます。症状の程度にもよりますが、日常生活ではこういうことが不便で困っている、ということをきちんと主治医に伝えることが大切です。また病歴・就労状況等申立書でどれだけ日常生活に支障がでているかを詳細に記載することも重要です。


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.05.24
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金2級受給。年間122万円の受給事例
  2. 2017.05.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.05.22
    身体障害
    右変形性股間節症による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間80万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP