膵頭部癌で認定日・障害厚生年金2級・事後重症2級。年間約221万円の受給事例

年齢:男性(50代)/パート社員)

傷病名:膵頭部癌

決定した年金種類と等級: 認定日・障害厚生年金2級・事後重症2級

年金額:約221万円/年額(配偶者、子の加算3名) 認定日請求 事後重症請求

相談前の状況

ご本人の義理のお姉さまからメールでお問い合わせいただきました。病状はかなり悪いということですが、お子さんがまだ学生で経済的理由から現在もパートで働いているとのことでした。将来のことを考え障害年金を請求したいとのことでしたので、詳しくお話を聞くために奥様に当センターの無料相談会へ来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

癌手術後に抗がん剤治療をし、副作用から倦怠感、疲労感、貧血などの全身衰弱が主な症状だったため、その他障害の診断書に記載を依頼しました。主治医が障害年金の診断書を書いたことがないということでしたので、本人と一緒に病院に同行し、お話をさせていただきました。初診病院と現在通院している病院が同じだったので、認定日時点の診断書も取得しました。

結果

障害厚生年金2級取得、年間約221万円を受給されました(認定日3級・事後重症2級)

障害老齢年金2級取得、年間約183万円を受給されました

ポイント

癌による請求は、外部障害(上肢や下肢の切断や、脳や脊髄への転移による肢体障害等)が主である傷病と、外部障害がなく、全身衰弱が主な症状(癌そのもの、抗がん剤等による副作用からくる倦怠感、悪心、嘔吐、下痢、貧血等)によって記載する診断書が変わってきます。診断書を書いてもらう前に、自分の症状がどちらに当てはまるか確認することが大切になります(外部障害、全身衰弱両方ある場合は両方の診断書を書いてもらうようにしましょう)。


障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.05.24
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金2級受給。年間122万円の受給事例
  2. 2017.05.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.05.22
    身体障害
    右変形性股間節症による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間80万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP