障害年金の申請を社労士に依頼するメリット

障害年金の申請を社労士に依頼するメリットは、障害年金が「もらえない」「本来もらえる金額より少なくなる」といったリスクが限りなく少なくなることです。

障害年金の審査は「書類のみ」で判断されるものです。当然、病状の重さが伝わるような表現で書かなければなりませんし、審査がしやすいような(審査官)に伝わるような書き方をしなければなりません。申請書の記入の仕方1つで障害年金が「もらえない」「本来もらえる金額より少なくなる」といったことがよくあります。

その書類の中でも「診断書」と「申立書」が重要になります。

診断書

医師は、医療のエキスパートですが、障害年金申請の専門家というわけではありません。
障害年金には、独自の初診日の考え方や障害認定基準というものがあります。医師は患者を診察するのが仕事です。障害年金の専門的な部分まで把握することは不可能です。そのため、障害認定基準に沿った形で診断書が書かれていなかったり、日付が違っていたり、記載する箇所が抜けていたり・・・ということが多くあります。

 

申立書

ご本人が書かれた申立書は、残念ながら実態がよくわかるように書かれているとはいえないものがあります。また内容が診断書と矛盾して書かれていることもよくあります。そうなると障害年金を「もらえない」ということになったりします。

 

重要なポイント

障害年金申請で重要なポイントは、提出する書面が『実態が正確に書かれていること』、『診断書と申立書が矛盾していないこと』です。ただこれには障害年金の仕組みを知っていないと、医師に上手に説明するのは至難の業です。

実際に申立書の記載も苦戦を強いられるのが現実です。これにより『障害年金が不支給になってしまった』、『現況の障害状態に見合った障害等級にならなかった』ということがあるのも現実です。

専門家である社会保険労務士であれば、ポイントを分かりやすくご説明し、的確なアドバイスやサポートをさせていただくことができます。

また年金事務所とのやりとりも、障害年金制度を理解している社会保険労務士が行った場合ですと、案外スムーズにすすみます。

申請は「一発勝負」です。

面倒な思い、残念な思いをされる前に、障害年金の専門家である社会保険労務士にお任せ下さい。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.09.19
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間76万円の受給事例
  2. 2017.09.01
    がん
    膀胱癌による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間96万円の受給事例
  3. 2017.08.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病 広汎性発達障害(自閉症)による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP