軽度精神遅滞、うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(40代)/ 無職

傷病名:軽度精神遅滞 うつ病   

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

知人からの紹介でご本人のお母様より電話で問い合わせがありました。以前自分で娘の障害年金の請求をしたが、その時は不支給になった、現在も就労できない状態が続いているので、再請求のサポートをして欲しいということでした。詳しいお話を聞くため、以前請求した診断書等のコピーを持参いただき、当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

前回請求した際の診断書を精査したところ、当時は軽易な作業でアルバイト程度の給料しかもらっていないとはいえ、一般雇用で就労しいたため不支給になったのだと判断しました。現在は元来からの知的障害に加え、うつ症状も強く就労できない状態が続いていたので事後重症で再請求をすることにしました。現在の診断書依頼の際には、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」には生まれてから現在までの日常生活・就労状況、病状やできることできないことなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

療育手帳を取得されていたので初診証明は必要ありませんでしたが、取得されたのが30歳代の終わりだったようです。幼少の頃は家庭が少し荒れていたため、お母様も娘に知的障害があったことなどわからなかったと言っておられました。このように成人してしばらくたってから社会になじめず知的や発達障害を疑う方が昨今非常に多く見られます。職場内においてもそのような言動のある方がいたら早めのケアをすることが神経症やうつ病等の2次障害を防ぐことに繋がります。

 

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2020.05.22
    発達障害・知的障害
    知的障害、発達障害、統合失調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2020.05.11
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  3. 2020.04.23
    発達障害・知的障害
    知的障害 自閉症スペクトラムによる認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP