線維筋痛症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(30代)/ 無職

傷病名:線維筋痛症  

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

ご本人のご主人から電話で問い合わせがありました。現在症状は進行していて、全身の痛みから家事は一切できず、外出時は車いすを使用し、一人では外出も困難でず引きこもっている状況が続いているとのことでした。障害年金の請求を考えているが、初診日がいつになるのかわからないので相談したいとのことでした。ご本人が外出できないため、自宅での面談をご希望され、初診日の話や請求の進め方についてお話ししました。面談の時点ではまだ認定日を迎えてなかったため、認定日以降に再度面談を行い一緒に手続きを進めていくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日に該当するかどうかの判断が難しかったため、受診した病院順に「受診状況等証明書(初診日証明書)」を取得し、記載されている内容をもとにこちらで初診日を確定しました。病院に診断書作を依頼する際には、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」には日常生活状況や病状、生活をする上で困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(認定日受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、「初診日がいつになるのか」がポイントでした。線維筋痛症の原因(遺伝や感染症、精神的、身体的など)や初期症状もさまざまで初診日を確定するのが困難にです。今回は歯の治療中に痛みが現れ、歯科医師より「口腔症」が原因かもしれないと言われたそうですが、後日確認したところ、はっきりとは歯科医師もわからないとのことでした。そのため、手足のしびれや痙攣、発熱などが現れて受診した診療科を初診日として請求し、結果無事初診日と認められました。請求手続きにあたり、ご主人が証明書の依頼や進捗状況の連絡を下さったことでスムーズに請求することができました。

 

 

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2019.12.03
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間120万円の受給事例
  2. 2019.11.27
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2019.11.25
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群、うつ病による額改定請求で障害厚生年金2級。年間175万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP