統合失調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間79万円の受給事例

年齢:女性(50代)/ 会社員

傷病名:統合失調症 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約79万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

以前障害年金をサポートした方から奥様の相談で電話をいただきました。20年ほど前から精神疾患を患っており、過去数回入退院を繰り返したが、ここ数年は通院をしながら症状は安定していたようです。就労もしていましたが、最近症状が悪化し、現在は入院しているとの事でした。入院中でも障害年金の請求ができるか、また初診は20年以上も前だが証明は取れるかとのお話もあり、とりあえず当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日は20年以上前だったため、ご主人と結婚する前ということもあり、奥様に通院歴を思い出していただく作業から取り掛かりました。何とか思い出していただいた病院に確認しましたが、やはりカルテは破棄されていました。次に受診したと思われる病院に問い合わせたところ、一度面談に来て欲しいと言われ、本人が入院中だったこともあり、代理で伺ったところ、カルテが残っており、また初診の病院の紹介状もあったことから初診の証明が可能になりました。現在入院してる病院に診断書を依頼する際には今までの病歴や日常生活の状況を聞き取り書類を添付致しました。病歴・就労状況等申立書には就労時や日常生活で困っていることを詳細に聞き取り作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約79万円を受給されました(事後重症請求)。

 

 

 

ポイント

今回は、初診から20年以上経過していること、またご本人が入院中ということもあり、請求まで時間がかかると思っていましたが、ご主人からきちんとサポートしていただいたこともあり、スムーズに請求することができました。病院の証明書も比較的短時間で記載いただき助かりました。今回配偶者が障害年金を受給することになったため、以前ご主人の障害年金の加算されていた加給年金は停止になりました。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2019.03.18
    腎疾患・肝疾患
    糖尿病性腎症(慢性腎不全)による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間168万円の受給事例
  2. 2019.03.13
    その他
    脳挫傷、高次脳機能障害による認定日請求で障害厚生年金3級。年間73万円の受給事例
  3. 2019.02.28
    統合失調症
    統合失調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間79万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP