持続性妄想性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(30代)/ 無職

傷病名:持続性妄想性障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。学生の頃に発症し、以降極度な対人緊張が続き就労しても長く続かず、数年前からは就労もできていない状態とのことでした。現在も症状悪化から外出も困難で自宅に引きこもっているため、障害年金を請求を考えているとのことでした。ご自身で自宅近くの年金事務所にも相談に行ったが、請求方法や言ってる内容が理解できなかったので、改めて詳しく話を聞きたいとのことで、当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日が10年以上前でしたが、その病院にその後も不定期ながらも通院していたためカルテが残っており、受診状況等証明書(初診日証明書)を取得することができました。現在通院している病院に診断書を依頼しましたが、その際には日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」には日常生活・就労状況、病状や困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症請求)。

 

 

 

ポイント

今回は、最初はご自身で請求しようと思い年金事務所に相談に行ったようですが、手続きの内容が理解できず、ご連絡をいただきサポートさせていただくことになりました。障害年金は、請求確認内容が複雑(初診日の特定や納付要件、認定日請求や事後重症請求とは何か?など)で一度に理解するのが困難です。とくに精神疾患の場合は記憶が曖昧なことが多く時間がかかる場合が多いです。ご自身での請求が難しかったら、やはり専門家にご相談いただくのがいいと思います。詳しいお話しを伺うことで、初診日の特定や、認定日請求の可能性があるかどうかなどのアドバイスや請求が終わるまでマンツーマンでのサポートも受けれますので。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2019.05.29
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2019.05.17
    心疾患
    ブルガタ症候群による認定日請求で障害厚生年金3級。年間71万円の受給事例
  3. 2019.05.16
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP