Ⅰ型糖尿病 低血糖性昏睡 高次脳機能障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(50代)/ 無職

傷病名:Ⅰ型糖尿病 低血糖性昏睡 高次脳機能障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

 

相談者の状況

ご本人のお姉さまから電話で問い合わせがありました。現在弟は独身で就労もできないため、障害年金を請求したいということでした。ただし病気ガ複数あり、どの傷病で請求したら良いかわからず、また請求方法もわからないので詳しく教えて欲しいとのことでした。お話を伺うため、お姉さまに当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

 

当センターによるサポート内容

発病は幼少期の頃(Ⅰ型糖尿病)でしたが、何十年も前のためカルテが残っておらず、次の病院で受診状況等証明書(初診日証明書)を取得しました。現在はⅠ型糖尿病から派生した傷病がいくつかあり、どの傷病で請求するかそれぞれの認定基準を確認しながら進めていきました。診断書依頼の際に、日常生活がきちんと反映されるよう書類を添付しました。後日ご本人にもお姉さまと一緒にご来所いただき、発病からの経緯の聞き取りを行い、診断書だけではわからない症状や状況、困っている事などを病歴・就労状況等申立書に細かく記載しました。

 

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症受給)

 

 

 

 

ポイント

今回はいくつかある傷病の中で、どの傷病で請求するか確定するのが大変でした。

とくに総合認定の場合は認定基準がハッキリ出ていないため、確実な判断が必要になります。いくつかの科を受診していたので数値の確認や相談などはお姉さんが動いてくださり、こまめに連絡を取り合いながら進めることができました。やはり周りのサポートは不可欠だと改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.10.31
    脳疾患
    高次脳機能障害 てんかんによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間148万円の受給事例
  2. 2018.10.22
    うつ病・気分変調症
    気分変調性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2018.10.11
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間121万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP