障害等級について

Q.質問

5年ほど前から慢性疲労症候群にかかりました。
発祥当時から体調が悪すぎて、障害年金を申請できずにいました。 最近、症状がだいぶ良くなってきたので、申請をしようと思っています。
この場合、遡及請求で、障害認定日の診断書と現在の診断書が必要になると思うの ですが、障害の等級は障害認定日と現在の状態のどちらの等級になるのでしょうか。
もし、現在の健康状態で審査をされ、現在は障害に認定されなかった場合は、かつ て体調が悪かったときの分などの障害年金ももらえないのでしょうか。
宜しくお願い致します。

A.答え

以下の件につきまして、

認定日と現在の症状の違いはわかりませんが、お問合せのケースで現在が障害不該当の場合、遡及認定は難しいかもしれません。

認定日から1年以上経過している場合、現在の診断書を提出させる意図はやみくもな遡及認定を避けるねらいもあります。

<例>

・認定日2級⇒現在3級=3級遡及

・認定日3級⇒現在不該当=不支給

また慢性疲労症候群での認定は、ハードルが高い面があります。

専門家に相談した方が良いかと思います。

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.05.24
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金2級受給。年間122万円の受給事例
  2. 2017.05.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.05.22
    身体障害
    右変形性股間節症による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間80万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP