障害年金の申請と受給について

Q.質問

初めまして現在(67歳)身体障害者4級2009年10月3日初診日で人工肛門装着しております。
今は退院した後定期通院検査のみで、翌年9月10年以上勤めた会社を退職して現在に至る(現在、無職)。収入は老齢基礎厚生年金受給のみ、配偶者あり二人暮らしで障害基礎年金や厚生年金を申請した場合受給できますか?
もらえるとしたらどれ位受給できるのでしょうか教えて欲しいのですがよろしくお願いします。

A.答え

ご連絡ありがとうございます。

1、Aさんの場合、初診日から1年6ヶ月以内に人工肛門を装着しておりますので、装着した日が障害認定日となります。

2、人工肛門を装着すると原則は障害厚生年金の3級の認定になります。

3、ただしAさんの年齢からすると60歳からすでに年金を受給できているので障害厚生年金と特別支給の老齢年金のいずれか高い方の受給となります。

結論:障害認定日での障害年金の申請は可能ですが、老齢の年金と障害の年金のいずれか高い方しか受給できません。

Aさんの63歳時の年金の内訳等は不明ですが申請してもあまり意味が無いことになるかもしれません。

年金事務所で金額等のチェックをされたら良いと思います。

以上ご連絡申し上げます。

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.05.29
    統合失調症
    統合失調症による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  2. 2017.05.29
    身体障害
    劣性栄養障害型表皮症による認定日請求で障害基礎年金1級。年間119万円の受給事例
  3. 2017.05.29
    心疾患
    高度房室ブロックによる認定日請求で障害厚生年金3級。年間63万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP