器質性精神障害による事後重症で障害厚生年金3級。年間59万円の受給事例

男性(30代)/会社員

器質性精神障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約59万円/年額 事後重症請求

相談者の状況

ご本人の奥さまから電話で問い合わせがありました。
病歴が長い複数の病気があり、現在もきちんと就労できていない状態だということでした。

障害年金を最近知ったが、夫の病気が該当するかどうか知りたいということと、
複数の病気があるがどのように手続きを進めたらいいかわからないので
詳しく知りたいとのことでした。

お話を伺うため、ご主人と奥様に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

当センターによるサポート内容

ヒアリングで複数の病気がありましたが、
現在いちばん日常生活と就労に支障があるのが精神障害ということでした。

もともとは脳に病気がありましたが、その病気と精神障害に因果関係がありました。
脳の病気と精神科初診に相当年数空いていたため、
当初初診日を精神科の初診日で請求したのですが、
結局脳の病気の初診日が初診日になりました。

精神障害での請求だったため、診断書依頼の際に、
日常生活がきちんと反映されるように書類を添付しました。
病歴・就労状況等申立書はご奥様から聞き取りをし、
日常生活状況や症状を細かく記載しました。

結果

障害厚生年金3級取得、年間約59万円を受給されました(事後重症受給)

ポイント

今回は初診日の判断が難しかったですが、
脳の病気に因果関係が認められたため、その初診が初診日になりました。

審査中に受診状況等証明書(初診日証明書)の取直しがあり、
認定まで時間がかかってしましました。

本人が障害者枠で就労していたこともあり、
認定されるか不安でしたが何とか認定されて良かったです。

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.05.24
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金2級受給。年間122万円の受給事例
  2. 2017.05.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2017.05.22
    身体障害
    右変形性股間節症による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間80万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP