お客様からのお手紙集その7(お手紙61~70)

私どものサポートにより障害年金を受給された相談者様から、感謝のお手紙を頂きました。

ここでは、手紙の一部を紹介させて頂きます。

 

 

お手紙61 障害年金受給に、夫婦で感謝しております。

感謝の手紙⑦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿障害年金相談センター

山崎様

この度は、障害年金受給に際し、大変お世話になりました。

主人は10年前に水頭症の手術を受けてから
ずっと様々な心身的症状に悩まされてきました。
もちろん現在もそれは変わっておらず、逆に不調が増している状況です。

そんな中で仕事を続けることに相当な不安を抱えていました。
まだ40歳という年齢で仕事ができなくなったらもう働けないのではないか。

今静養して働けるようになったら働けばと何も知らない人はそう言いますが、
それが主人にとってどれだけの不安か計り知れません。

精神疾患とは目に見えない分、想像を超える苦しみがあります。
前向きになる時もありますが、急に不安に襲われることも多々ある。

そんな時、主人がネットで山崎さんの事務所を検索で見つけ、
「障害年金が受給できたら少しは不安がなくなるかもしれない」と言いました。

すぐに連絡をしてお会いすることができ、相談にのっていただきました。
山崎さんは主人の表情を伺いながら優しくお話をしていただきました。

そして精神障害という障害年金受給には難しい分野にも
一生懸命対応していただきました。

こちらからの質問メールなどにもすぐに返答してくださり、本当に助かりました。

精神障害の一つの症状にになったらわかるまで気になって
ほかのことが手につかないというものがあります。

その点、疑問や不安なことをご相談するとすぐに返答していただけるので、
本当にありがたかったです。

病院へも何度も足を運んでいただき、年金受給をすることができました。
受給ができることで主人の不安も少し取れたと思います。

この病気とは一生付き合っていかなければならないと思いますが、
一つ一つ乗り越えていきたいと思います。

山崎さんはじめ事務所の方も本当に物腰やわらかく、
親切に対応していただいたこと、本当に感謝しています。

今後も、更新はもちろんまた相談にのっていただけたら幸いです。

長くなりましたが、今まで本当にありがとうございました。

そして今後ともよろしくお願い致します。

 

P.S.主人も自分で山崎さんに御礼が書きたいと別紙に書きました。

 

 

お手紙62 これからも生活を続けることができるようになりました。

感謝の手紙⑧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎様

今回は色々とありがとうございました。

仕事はなんとかやっていますが、いつまで出来るかと思っていました。
これで生活もどうにかできそうなので本当にたすかりました。

これからも、わからない事があったら相談させて下さい。
何度も病院にいって頂きまして障害年金も受けることが出来てありがとうございました。

 

お手紙63 非常に優れた対応力に助けられました

%e6%84%9f%e8%ac%9d%e3%81%ae%e6%89%8b%e7%b4%99

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎様

このたびは「障害年金受給の手続き」にご尽力いただき
誠にありがとうございました。

このセンターを選んだ一番の理由は
「成功報酬の設定が良心的でわかりやすい点」でした。
無料相談時の説明も非常に分かりやすく、
納得して迷うことなく、その場で申し込みをした次第です。

その後のやり取りでは、
こちらの問い合わせや連絡事項に対してのレスポンスが早く
些細な点も確認ができ、安心してお任せすることができました。

またヒアリング時の断片的な話もとても丁寧にまとめて下さり、
病歴・経歴が第3者に伝わりやすい(申請が通りやすい)
書類作成の実力をお持ちだなと感じました。
準備する書類の案内も分かりやすく、日常生活に支障をきたすことなく
とても楽に申請手続きを終えることができました。

誓約書の「お互い限りなく努力する」という言葉が印象的で
申請〆日まで後1日というギリギリの申請を通していただけたことが
一番うれしかったです。

山崎さんにお任せして本当に良かったです。
更新時もぜひまたお願いしたいと思っております。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
皆様の今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

 

お手紙64 豊富なノウハウと経験が素晴らしかったです

%e6%84%9f%e8%ac%9d%e3%81%ae%e6%89%8b%e7%b4%99%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、年金申請をするにあたり、年金2級の境界域は却下される可能性が高いと
インターネット上ではその様な情報が錯乱しておりました。
年金申請に明るい社労士さんは少なく、インターネットで探し、
ようやくお願い出来る所が見付かったのが御社でした。

年金事務所での聞き取り用紙の記入、
医師の診断書作成についても、
必ずしも医師が普段の生活を把握していないなど、
社労士さんのアドバイスを頂き、作成して頂きました。

数々の書類作成のノウハウを持っていらっしゃるからこその
ご丁寧な対応をしていただいて無事申請が通りました。

本当にありがとうございました。

お手紙65 サポートを受けて良かった事、嬉しかったこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サポートを受けて良かった事、嬉しかったこと

まずは、入院中で外出許可がなかった為、入院先まで無料相談で来て頂いた事がとても助かりました。
病院に病棟付のsocial workerもいましたが、患者さんの数もかなり多数だったし、他業務の対応もしていたので、どうしても来て頂くのに時間と日数が必要です。それが解決できたのは嬉しかったです。

2番目は病院全体の雰囲気が保守的であった為、何となく外部にお願いするのはマズイのではないかという思い
があり、その旨相談したら「友人」という形で面会者として入ってもらう事が精神的に疲労せずに済みうれしか
ったです。
時々病室にはnurseも来ますから、友人と面会してる様に見えるようにと将棋の駒を並べて頂く等感謝しています。
心遣いがとてもありがたかったです。

3番目は医師との交渉をして下さった事、コミュニケーション能力や対人関係にコンプレックスや苦手意識が強か
ったので心強かったです。ここは本当に感謝としか言いようがなく、自分では無理だったろうと思います。
書類の記入の仕方が分かりやすくなっていたり、文章作りが苦手だったので「だいたいこのような形でやろうと思
います」と書いて下さった文章は感動いたしました。年金事務所の方も共感して頂ける文章をご存知で非常に助か
りました。

一度自分自身の手で挑もうとして、先生に(医師)「障害年金の診断書は書きません」という一言で失敗に終わっ
た経験もあったので、専門家にお願いして本当に良かったと思っています。
これからも健康でご活躍を心よりお祈り申し上げます。

お手紙66 親切で涙がでそうになりました 

無題2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にこちらにご相談させてもらって良かったと思っています。
何度も資料を提出しては落とされと半分あきらめかけていたところ、新宿障害年金相談センターのホームページをみつけました。
すがる思いでご相談に行くと親切で涙が出そうになりました。
本当に疲れていた私にもていねいに説明してくれました。
困っていることやわからないことにも答えてくれて本当に助かりました。
家族もこちらに頼んでよかったといっていました。
ありがとうございました。
こちらのお陰で年金を受け取ることができました。
とても感謝しています。

山崎さんや事務員の方がとてもやさしかったのが印象的でした。
乱筆乱字失礼致します。

 

お手紙67 本当に感謝と感動しました

 

無題

私に障害年金を進められたのは友達です。 雑誌で見たと連絡を頂き、藁でもすがる想いで障害年金相談センターに電話して今のリュウマチの状況を説明して、ひょっとして3級の判定取れるかもしれないと言われて嬉しい反面、心は不安でした。 通院していたクリニックの院長に障害年金の診断書を書いていただけるかを相談したのですが、私の状態は判定は無理だと言われて居たので駄目元でスタートして、思った事は長年病院に通院した診察券や記録を書き留めて居たら良かったなと思いました。 障害年金センターの山崎様他スタッフの皆様に優しく接して頂いて3級に指せて頂きました。 山崎さんに病院に足を運んで頂き先生に直接会って話をして頂いた時は本当に感謝と感動しました。此れも障害年金事務所皆様のお陰でした。

本当にありがとうございました。

 

お手紙68 何回でも根気よく説明していただきました

無題3

 

 

 

無題2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山崎様

新宿障害年金相談センターの山崎さんには大変お世話になりました。おかげさまで障害年金をいただくことができました。受給できるまでの道のりは長かったように思えます。一番最初に相談にお伺いした時は、障害年金のことは何一つわからず、こんな私でも受給できるのか、全くわからない状態でした。しかし、不安しかなかった私に山崎さんは親切丁寧に説明してくださり、感謝しております。理解力がなく、同じことを何度も質問してばかりいた私に何回でも根気よく説明していただきました。

不安のかたまりだった私は友人にも相談しました。その友人からの突然の電話にも丁寧に対応してくださり、どうもありがとうございました。新宿障害年金相談センターに相談させていただく前は、自分が障害年金を受給できるとは思っていませんでした。しかもどのようにしたら受給できるのかもわからず全く未知の世界で、自分ひとりの力では無理だと思っていましたので、山崎さんに相談をし、サポートいただくことに決めました。今はそのことは正解だったと思っています。途中で挫折しかけたこともありました。・・・・が移転したり、連絡先がわからなくなったり、過去に通院していた記録などもなく、どうしようと思った時が最初です。また○○○大学病院で診断書を作成してもらった時、書き直さなくてはならない箇所がいくつもあり、その都度予約をして何度も書き直してもらった時は我ながら情けなく、最後まで続けられる自信がなくなりました。そのような時でも山崎さんには支えていただきました。山崎さんにはいろいろとお手数をおかけいたしましたし、てこづらせてしまったかと思います。また、ご迷惑をおかけしたと思います。

年金受給の通知をいただいた時は嬉しく、本当に相談させていただいてよかったと思いました。口座名義変更の手続きまでお願いしてしまい、依頼が多く申し訳ありませんでした。本当になにからなにまで大変お世話になりました。申請について一からわかりやすく説明していただき、手取り足取りアドバイスをいただき、ありがとうございました。

最後になってしまいましたが、山崎先生と書くべきところをずうずうしくも山崎さんなどと書いてしまい、大変申し訳ありませんでした。改めて山崎先生をはじめ、事務所のスタッフの方々に厚くお礼申し上げます。おかげさまで障害年金2級を受給できることになりました。ありがとうございました。どうぞ健康にお気をつけください。

 

お手紙69 ありがとうございました以上の言葉を言いたいです

444

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ず、ご返信が遅れました事、深くお詫び申し上げます。センターの山崎様、皆様、お変わりございませんでしょうか。当方、お陰様で家内での体調が良く、今年に入ってからは担当医と減薬を目指しております。

センターにお伺いした頃は、体のダルさが続き、ずっとこのままでは治療費が・・・と不安になる一方でした。お問い合わせしました日は、天気も良く、外出できそうな気持ちもあり、即日中にセンターに伺いました。

電話対応のお声や、簡潔なご説明のテンポの良さがとても嬉しく、「行こう!」と思えたのです。(他の事務所には一切問い合わせませんでした)家から駅、車両内、談話室に到達するまで、やはりダルく、きちんとお話出来るかもわかりませんでした。混乱したら・・・発作がでたら・・・お話の理解ができるのか・・・などです。ところが、ご案内して下さった方も、山崎さんも、全てを察して下さっている様で、適切な時間の中で、主要を解り易く、私に安心感を残して下さいました。帰宅中、「行って良かった。出来たぞ!」と云う嬉しさばかり思いめぐらせる事ができました。もちろん年金事務所(区立)でアレコレと説明を受けた事はあり、「私には手続きをする体力がないから・・・」と、多くの細やかな記入欄、十年以上もさかのぼる転院歴、各所在地、期間と、自力ではとうてい無理な作業に思えて、しばらく手元で放ってしまっていましたし、逆のぼると同時に精神的負担も増え、また発作を起こしたり、フラッシュバックに苦しんだり、家族が悲しんでいた事がふたたび思い出されるのも解かっていましたから、余計に手をつけられない状態で、誰か助けて下さいと口から独りで漏らしてもいました。嫌気もありました。

山崎様はお仕事のご経験からでしょうか、私から見れば労力につながるものを全てお任せして良い状況を進んで作って下さいました。いたわり、落ち着きを感じながら、お付き添えいただいたり、昔通った病院に行くのが苦しいのを、先立つように「こちらで出来ますからね」とどんどん運んで下さり、私の安心感はご連絡をとる度に増えてゆき、体調にもそれは影響し、家族の前で笑う事が増えたのです。

病の根本となった出来事から13年になります。その時間を考えるだけでも落ち込みますが、良きご担当者様、良きスタッフ、全面的な応援にも似た様な対応をお受けできました事が、私にとっては善い記憶として残り続けてくれるのが嬉しいのです。乱筆乱文失礼いたします。

追伸:現在もお仕事はDr.stop中ですが、治療中である自覚を幅広く持つ様になり、体の管理を記録したくて5年日記をつけています。

 

お手紙70 対応も大変迅速で丁寧でとても好感が持てました

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は元々うつ病で障害年金3級を受給していましたが、その後症状がひどくなり診断名も双極性感情障害に変り、ほとんど寝たきりのような状態が続いていました。

更新の時期も近付いて来たので、次は何とか2級を受給したいと考え、ご相談したところ普通の更新よりも「額改定」で申請した方が可能性が高いとのアドバイスを受け、アドバイス通り、額改定で申請したところ、見事に2級を受給できることとなりました。

私一人で普通に更新していたら、2級は無理だったと思います。専門家に相談し、私が知らなかったことをアドバイスしていただき本当に良かったです。

またご対応も大変迅速で丁寧で、とても好感が持てました。額改定なら報酬も1か月分というのも良心的で良かったです。今回はご相談して対応していただき、誠にありがとうございました。

あと年金機構からの変更の通知が届いた後、その通知に間違いがあることに気付いて下さり、年金機構に連絡して下さり、受給額が上がったことにも大変感謝しております。本当にありがとうございました。

お客様からのお手紙集その1(お手紙1~10)>>

 

お客様からのお手紙集その2(お手紙11~20)>>

 

お客様からのお手紙集その3(お手紙21~30)>>

 

お客様からのお手紙集その4(お手紙31~40)>>

 

お客様からのお手紙集その5(お手紙41~50)>>

 

お客様からのお手紙集その6(お手紙51~60)>>

 

お客様からのお手紙集その7(お手紙61~70)>>

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.10.20
    身体障害
    両側大腿骨頭壊死に伴う両側重度変形性股関節症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年額78万円の受給事例
  2. 2017.10.13
    脳血管障害(脳出血・脳梗塞等)
    くも膜下出血による認定日請求で障害基礎年金1級。年間119万円の受給事例
  3. 2017.10.02
    その他・難病
    線維筋痛症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP