うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間100万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名: うつ病 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

受給額:約100万円/年額 認定日請求 子の加算あり

 

相談者の状況

ご本人から電話で相談がありました。大学院で研究員をしていたが、卒論の準備をする頃よりストレスやプレッシャーから不眠が始まるようになったようです。締め切り日が近づくにつれ、さらに抑うつ気分や意欲の低下から無気力感が強くなり、体も動かず、活字も読めない状態が続いていたとのことでした。その後は引きこもり状態が続いていましたが、夫や母親の援助もあり、何とか日常生活は送れていたようです。その後お子様が生まれましたが、症状は継続し慢性化しているとのことで、こんな状態でも障害年金を請求することができるか相談したいとのことで、ご主人に付き添ってもらい、当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

現在通院している病院と初診の病院が同じで、病状や症状も変わっていなかったため、認定日請求をすることになりました。診断書を依頼する際には、日常生活状況や病状がが反映されるように書類を添付しました。また病歴就労状況等申立書のヒアリングでは、ご主人からもお話を詳細にお聞きし作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級、年間100万円の受給になりました(認定日受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、ご本人の体調が悪く、お話を伺うのも困難でしたが、ご主人様から日常生活状況などを聞くことができ、何とか請求することができました。障害年金の請求をひとりで行うのはとても大変です。今回のように家族のサポートがとても重要になります。

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2021.11.27
    発達障害・知的障害
    広汎性発達障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2021.11.20
    うつ病・気分変調症
    気分変調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2021.11.14
    発達障害・知的障害
    注意欠如多動性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP