高次脳機能障害 てんかんによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間148万円の受給事例

年齢:女性(50代)/ 無職

傷病名:高次脳機能障害 てんかん 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約148万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

以前勉強会を行った生命保険会社の営業の方からご連絡をいただきました。その方のご契約者に事故に遭ってから、脳と肢体に障害が残り、コミュニケーションが困難で外出が一人では出来ない人がいるが、障害年金の対象者になるかという問い合わせでした。お聞きした感じでは対象になると判断し、外出が困難ということでしたので、そのご本人のご自宅まで面談にお伺いしました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

当初は事故に遭われ、肢体が不自由なため外出が困難かと思っていましたが、ひどいめまいと方向感覚がわからなくなるといった脳の障害から歩行が困難な状態ということが判明しました。自転車での自損事故後数年が経つがますます症状が悪化しているようでした。同時に言葉が出てこない、物忘れが多いなどといった高次脳機能障害の症状もあり、精神障害での請求を行うことにしました。初診と現在通院している病院が同じで、認定日時点も現在と症状が変っていないということでしたので認定日請求をすることにしました。ご本人がコミュニケーションがうまく取れないのと、通院が脳神経外科ということで精神の診断書記載に不慣れということもあり、診察の時に同行し主治医に障害年金の請求について説明を行いました。また診断書依頼の際には、日常生活状況が反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」には日常生活や病状、困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金2級取得、年間約148万円を受給されました(認定日請求)。

 

 

 

ポイント

今回は脳挫傷後の高次脳機能障害の請求でしたが、ご本人(ご主人も)が障害年金の請求について理解することが困難な状態だったっため、こちらが主導で主治医や病院に説明をしました。ご主人からはこんな年金制度があるとはまったく知らなかったと感謝されましたが、何の情報も無くこのまま暮らしていたら障害年金を請求することは無かったかと思います。たまたま今回は生命保険会社の方がご紹介下さいましたが、障害年金の制度を良く知らず、請求もしない方がまだたくさん居られるのではないでしょうか。このような方のために異業種の方との勉強会は続けて行きたいと思います。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.10.31
    脳疾患
    高次脳機能障害 てんかんによる認定日請求で障害厚生年金2級。年間148万円の受給事例
  2. 2018.10.22
    うつ病・気分変調症
    気分変調性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2018.10.11
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間121万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP