高度房室ブロックによる認定日請求で障害厚生年金3級。年間63万円の受給事例

年齢:男性(30代)/ 会社員

傷病名:高度房室ブロック 

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約63万円/年額 認定日請求 

 

相談者の状況

知り合いの保険代理店の方からのご紹介でした。同じ職場の後輩職員が、一週間前に心臓にペースメーカーを入れたので障害年金を請求できるか相談に行きたいということでした。その方の退院を待って、御二人に詳しいお話をお聞きするために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診時に厚生年金加入していたことを確認し、本人には3級認定される旨をお伝えしました。ご本人の仕事が多忙だったこともあり、こちらで「受診状況等証明書」の依頼と受け取りと「診断書」の依頼と受け取りを行いました。また、ご本人から発病からの経緯の聞き取りを行い、診断書だけではわからない症状や状況を病歴・就労状況等申立書に細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害厚生年金3級取得、年間約63万円を受給されました。

 

 

 

ポイント

心臓のペースメーカー埋め込みは認定日の特例により、植込み術を行った日が認定日になります(初診日より1年6ヵ月以内に限る)。心臓ペースメーカーは3級に認定することとされているので初診日が厚生年金加入中にあることが条件になりますが、手術後の経過が悪く、日常生活に支障をきたしているようなら2級、1級に認定されることもあります。諦めずに年金事務所や専門の社労士に相談することも必要です。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.10.11
    うつ病・気分変調症
    うつ病による認定日請求で障害厚生年金2級。年間121万円の受給事例
  2. 2018.10.02
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間120万円の受給事例
  3. 2018.09.27
    発達障害・知的障害
    広汎性発達障害 注意欠陥多動性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP