進行性核上性麻痺で障害厚生年金2級。年間約277万円の受給事例。

年齢: 男性(60代)/無職

傷病名: 進行性核上性麻痺

決定した年金種類と等級: 障害厚生年金2級

年金額: 約277万円/年額(配偶者の加算あり) 認定日請求

相談時の相談者の状況

 

以前当センターで障害年金を請求した方からのご紹介でした。

奥様からご主人の相談で、現在は症状が重く日常生活も介助が必要なため障害年金を請求したいとのことでした。

詳しいお話しを伺うため、奥様に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

相談から請求までの当事務所のサポート

 

奥様には詳細に病歴ノートを作成していただきましたが、病気の性質上、初診の病院割り出しに時間がかかりました。

どの初診日証明書(受診状況等証明書)にも決め手がなく何度か年金事務所に相談しましたが、結局取得した証明書すべて添付することになりました。

診断書依頼の際に、日常生活がきちんと反映されるように書類を添付しました。

病歴・就労状況等申立書は、日常生活状況や症状、困っていることや不便なことなど、奥様から細かく聞き取りを行い記載しました。

結果

障害厚生年金2級年間約277万円を受給されました(認定日受給)

その後審査請求1級に変更

ポイント

今回は審査の過程で初診日が変更になりました。肢体障害ですが、病気の性質上、直接の因果関係がない場合は初診日とは認められないことがあります。

今回は複数の初診日証明書(受診状況等証明書)を提出していたのでそのまま請求することができました。

因果関係が難しい場合は証明書を複数取得して提出する方法もありますが、納付履歴の確認が必要になってきます。

また2級認定に不服があったため審査請求したところ処分変更で1級認定に変更になりました。

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.06.29
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動性障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間118万円の受給事例
  2. 2018.06.08
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  3. 2018.05.30
    発達障害・知的障害
    中程度知的障害 解離性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP