躁うつ病による認定日請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例

年齢:男性(30代)/ 自営業

傷病名:躁うつ病 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約122万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。幼少の頃から変わり者で危険なことをするのが大好きで、それは大人になっても変らず続いていたとのこと。結婚をし二人のお子様に恵まれたが、共働きだったため奥様が育休復帰後は、フリーランスだった自分が育児をしなければならなかったとのことでした。二人目のお子様が幼稚園に入園し、育児から解放されると抑うつ気分や意欲の低下、倦怠感等から無気力になり、精神科通いが始まりました。その後も病状が改善せず就労できない状態が続いているとの事でした。主治医より障害年金の制度を聞き、当センターの無料相談会にご来所いただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

面談では非常に辛そうな状態で、さまざまな依存症や希死念慮もあるとのことでした。生活のリズムも整えられず、一日の中で気分の変調も繰り返しているようでした。初診の病院が自宅の近所ということでしたので、受診状況等証明書の取得をお願いしました。認定日と現在が同じ病院に通院されていたので、認定日請求を行うことができました。診断書依頼の際には、日常生活や就労が困難な状況、日常生活で困っていることや病状が反映されるように書類を添付しました。また「病歴・就労状況等申立書」には日常生活や就労状況、そのほか困っていることなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約122万円(子の加算2名)を受給されました(認定日請求)。

 

 

 

ポイント

今回の傷病名は「躁うつ病」でしたが、診断書の病状又は状態の欄に「発達障害関連症状」にチェックがありました。その場合、病歴就労状況等申立書は出生からになります。再度ご本人からヒアリングを行い、出生から申立書を作成しました。途中ご本人が入院してしまい連絡がなかなか取れない時期がありましたが、何とか請求することができ、また受給できて良かったです。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.12.17
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2018.12.10
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  3. 2018.12.05
    腎疾患・肝疾患
    末期腎不全による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間162万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP