統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名:統合失調症 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日請求

 

相談者の状況

知り合いの社労士の方からの紹介でした。顧問先の社長より障害年金の相談をされたが、自分は畑違いということで相談にのって欲しいということでした。その社長の親戚の方が10代の頃より、統合失調症を患っており、20代後半の現在でも就労ができず、自宅に引きこもっている状態が続いているとのことでした。ご本人は外出することが出来ないということだったので、その社長とご本人のご家族の方に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

発病からのお話を伺ったところ、20歳のときに自殺行為があり、病院に救急搬送され、その日が初診日ということでしたが、20歳以後の年金納付要件がクリアできていませんでした。ご本人に再度、20歳前に病院の通院はなかったですかと尋ねたところ、一度大学病院の精神科に通院していたことが判明しました。ただし5年を経過しており、1回しか通院していないということでしたので、カルテの有無が心配でしたが、確認したところカルテが残っており、受診状況等証明書(初診日証明)が取得できました。初診日から1年6ヶ月の認定日と現在の病院が同じでしたので認定日請求を行うことにしました。診断書依頼の際には、日常生活状況がわかる書類を添付しました。また病歴就労状況等申立書では、ご本人やご家族からも生活状況をヒアリングし作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(認定日請求)。

 

 

 

ポイント

今回は、ご本人の障害状態は相当重く2級に該当している状態でしたが、20歳以降の年金納付要件がクリアできておらず、当初請求が困難かと思われました。しかし辛抱強くご本人に通院歴を思い出してもらったところ、20歳になる直前に1回だけ精神科通院があり、何とか請求することができました。精神障害に限りませんが、障害状態が長く続いていて就労が困難な場合、通院歴の整理、診察券やお薬手帳の整理をご自分や周りのご家族がやっておくと障害年金請求がスムーズにできるようになります。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.12.28
    発達障害・知的障害
    軽度精神遅滞による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2018.12.17
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  3. 2018.12.10
    統合失調症
    統合失調症による認定日請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP