統合失調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間130万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 主婦

傷病名:統合失調症 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約130万円/年額 事後重症請求(子の加算あり)

 

相談者の状況

ご本人から電話で問い合わせがありました。現在は3人の子供を育てる専業主婦をしているが、幼少の頃から他人とのコミュニケーションが苦手で小中学校は不登校が多く、高校も2年で中退しているとのことでした。中学校の頃より被害妄想や幻覚がたまにあったが、20歳前に病院受診などはなく、結婚後第1子出産後に急に症状が顕著に現れるようになり病院受診したとの事でした。子供が小さいということもありご主人と一緒に当センターの無料相談会にきていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日は6年ほど前でしたが、その後複数の病院を受診し、子育てが忙しかったこともあり、ひとつの病院に定期的に通院していない状態でした。認定日の頃は、病院を受診していなかったため事後重症での請求になりました。本人が動けず、またご主人も仕事が多忙だったため、こちらで受診状況等証明書を取得しました。診断書作成依頼の際に、日常生活状況がきちんと反映されるように書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」には日常生活状況や困っていること、現在の症状を詳細にヒアリングし作成しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約130万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は、認定日の頃も症状が悪かったようですが、病院の受診がなく診断書の取得ができなかったため、事後重症での請求になりました。ご本人の病状が相当悪く現在は市からヘルパーやシルバーサービスの福祉サービスを受けていらっしゃいました。ご主人も大変な苦労があるため。今回障害年金2級が受給になり本当に良かったです。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.06.29
    発達障害・知的障害
    注意欠陥多動性障害による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間118万円の受給事例
  2. 2018.06.08
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間122万円の受給事例
  3. 2018.05.30
    発達障害・知的障害
    中程度知的障害 解離性障害による認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP