統合失調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(30代)/ 無職

傷病名:統合失調症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人からお電話で問い合わせがありました。知り合いから障害年金について教えてもらい、母に手伝ってもらって自分で請求したが不支給通知が届いたとのことでした。審査請求も視野に入れ、不支給になった理由の詳細を探るため診断書等のコピーを持参いただき、当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。ご本人は相当混乱していたためお母様にも同席していただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

初診日が国民年金だったため障害基礎年金の請求でしたが、診断書の内容等を精査した結果、3級相当の内容でした。ご本人とお母様には審査請求をしても難しいので、少し間を空けて再度請求することを提案しました。その後主治医が変わることもあり、しばらくしてその主治医より診断書記載の承諾も得られました。まずは初診の病院で受診状況等証明書を取得しました。診断書作成依頼の際には、日常生活状況がきちんと反映されるように書類を添付しました。病歴・就労状況等申立書は日常生活の状況や現在の症状、また困っていることなど聞き取りを行い細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は一度は不支給だったため、その時の診断書や申立書を確認しながら手続きを進めて行きました。いろいろお聞きすると以前の主治医とは意志の疎通があまり上手くいっていなかったため、診断書に症状がきちんと記載させていませんでした。今回はご自身で現在の日常生活や症状の申出書みたいのものを作成し、診断書依頼時に主治医に一緒にお渡ししました。その甲斐もあって診断書に病状が正しく反映されたのだと思います。障害年金は無面接での審査のためやはり診断書の内容は一番大事になります。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.09.19
    身体障害
    パーキンソン病による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間76万円の受給事例
  2. 2017.09.01
    がん
    膀胱癌による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間96万円の受給事例
  3. 2017.08.23
    うつ病・気分変調症
    うつ病 広汎性発達障害(自閉症)による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP