統合失調症 ストレス障害 解離性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:女性(20代)/ 無職

傷病名:統合失調症 ストレス障害 解離性障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人からメールで問い合わせがありました。幼少期からいろいろ辛いことがあり、20歳を過ぎた今でも引きこもりの状態が続いていて、一度も就労したことがないとのことでした。ときどき過去の出来事がよみがえり、幻聴や被害妄想に悩まされているようでした。通院先の主治医より障害年金の話があり、当センターを紹介されたとのことでした。詳しいお話しを伺うため、ご本人とお母様に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

ヒアリングの中で最初に体に異変が現れたのが中学校3年生時の難聴症状でした。学校でいじめを受けていましたが、親にも言えなかったため、精神科には行けず近くの耳鼻科に通院しました。その病院が初診と判断し受診状況等証明書を取得しましたが、精神的な症状の記載がまったくなかったため、初診日に認定してもらうには困難でした。20歳以降の年金納付が良くなかったため、本人とお母様に当時のことをもう一度良く思い出してもらったところ、もう1軒病院を受診していることが判明しました。その病院で受診状況等証明書(初診日証明)を取得したところ「心因性」の記載があったため、その受診を初診日として請求することにしました。診断書の依頼の際には日常生活がきちんと反映されるように書類を添付しました。ご本人とお母様から発病から現在までの経緯の聞き取りを行い、診断書だけではわからない症状や日常生活状況を病歴・就労状況等申立書に細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は過去の辛い出来事から逃れるため最初に難聴の症状が現れ耳鼻科を受診しました。ただし最初の病院では聴力の検査を中心に診察が行われていただけでした。「難聴」は精神障害の初診日にはなりえますが、精神的なものが起因している旨の記載が必要になります。2番目の耳鼻科でも「難聴」でしたが、心因性に関する記載があったため初診日として認められました。精神障害の初診日は内科や精神科、心療内科だけではありません。今回のような聴力や視覚、腹痛などの身体的な症状から現れることもあります。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2018.01.17
    視覚障害・聴覚障害
    聴覚障害 感音難聴による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間135万円の受給事例。
  2. 2018.01.04
    身体障害
    多発性硬化症による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間158万円の受給事例
  3. 2017.12.29
    うつ病・気分変調症
    うつ病による事後重症請求で障害厚生年金2級。年間177万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP