知的障害 自閉症スペクトラムによる認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(20代)/ 障害者雇用

傷病名:知的障害 自閉症スペクトラム  

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 認定日受給

 

相談者の状況

ご本人のお母様より電話で問い合わせがありました。知的障害で療育手帳を持っている息子が20歳になるため、障害年金を請求しようと年金事務所に行ったが、専門家の意見も聞きたいということでした。現在その息子さんは障害者雇用とはいえ就労していることもあり、ご自身での請求は専門家の意見を聞いた上で考えたいということで、お母様に当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

面談では息子さんが生まれてからの詳細な成長記録や通院歴が書いてある年表や現在通院している主治医にも障害年金の請求の承諾も取っており、こちらの方では一般的な手続きの仕方や診断書の話をさせてもらいました。面談の最後にはご自身でもできるのではないかとの話をし、主人と相談してから連絡をいただくことになりました。その後お電話をいただきやはり専門家に任せたいということで当センターでサポートすることになりました。療育手帳を取得されていたので初診の証明は必要なく、20歳の誕生日を待って診断書の依頼を行いました。依頼する際には、現在の障害者枠での就労状況や日常生活の状況等の書類を添付しました。「病歴・就労状況等申立書」には出生から現在までの就労や日常生活で困っていること、できることできないことなどを細かく聞き出し作成しました。

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました。

 

 

 

ポイント

今回は療育手帳を持っているとはいえ軽度の知的障害で高校卒業後も障害者枠で就労をしているため、診断書の就労状況や病歴就労状況等申立書の記載にはとくに気を使いました。就労しているとはいえ、指示や見守る人がいて成り立っていることや協調性が全くなく他者とのコミュニケーションができないこと、また思い通りにならないとすぐにパニックになり、周りを困らせてしまうことなど詳細に記載しました。

 

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2020.05.22
    発達障害・知的障害
    知的障害、発達障害、統合失調症による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2020.05.11
    双極性感情障害(躁うつ病)
    双極性感情障害による認定日請求で障害厚生年金3級。年間58万円の受給事例
  3. 2020.04.23
    発達障害・知的障害
    知的障害 自閉症スペクトラムによる認定日請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP