注意欠陥多動障害 広汎性発達障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例

年齢:男性(20代)/ 会社員

傷病名:注意欠陥多動障害 広汎性発達障害 

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約78万円/年額 事後重症請求

 

相談者の状況

ご本人から電話で連絡がありました。現在は障害者枠で就労をしており、以前ご自身で障害年金の請求をしたことがあったがその時は不支給だったということでした。改めて請求しようと考えているが、前回不支給だったこともあり、専門家に受給できるかどうか相談したいということでした。詳しいお話しを聞くために当センターの無料相談会に来ていただくことになりました。

 

 

 

当センターによるサポート内容

まだ現在通院している主治医に障害年金の診断書を記載していただけるかどうか確認していなかったため、その返答を待ってから取り掛かることになりました。その後記載の確認が取れたので準備を始めることになりました。初診と現在の病院が違っていたので受診状況等証明書を取得しました。診断書の依頼の際には日常生活がきちんと反映されるように書類を添付しました。病歴・就労状況等申立書はご本人から聞き取りをし、日常生活状況や症状、困っている事などを細かく記載しました。

 

 

 

結果

障害基礎年金2級取得、年間約78万円を受給されました(事後重症受給)。

 

 

 

ポイント

今回は前回請求した書類を確認しながら手続きを進めて行きました。前回提出した「病歴・就労状況等申立書」を確認したところ、症状や日常生活状況の記載があまりなかったので、今回は出生から現在までの日常生活状況や症状、困っていることなどを細かく記載しました。とくに発達障害の場合は、「できること」と「できないこと」を明確に申立書に記載することが大事です。

 

 

 

障害年金相談相談会受付中 無料メール相談

障害年金の最新受給事例

もっと見る
  1. 2017.12.12
    統合失調症
    統合失調症 ストレス障害 解離性障害による事後重症請求で障害基礎年金2級。年間78万円の受給事例
  2. 2017.12.11
    心疾患
    心室頻拍による事後重症請求で障害厚生年金3級。年間122万円の受給事例
  3. 2017.11.28
    身体障害
    変形性股関節症による認定日請求で障害厚生年金3級。年間82万円の受給事例
障害年金無料診断キャンペーン
無料相談会ご予約受付中
怪我や病気等で外出できないあなたへ 無料訪問サービス実施中
PAGE TOP